WiMAX 2+には速度に制限かけられることがあるの?通信制限って?

WiMAX 2+には速度に制限かけられることがあるの?通信制限って?

WiMAX通信制限

 

 

WiMAX 2+には通信速度に制限がかけられる場合があります。
  • 3日で10GBの通信量を超えた場合
  • ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBの通信量を超えた場合

 

上記2通りの通信制限が設定されていて
ギガ放題の契約でもかかる制限ですので

 

くれぐれも制限されないようにネットを利用しましょう!

 

3日10GBの通信制限について

 

WiMAX3日10GB通信制限

WiMAX 2+ではギガ放題の契約でも、混雑回避のため

 

直近3日で10GBの通信量を超えると、翌日の18時ごろから
翌々日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制限されます。

 

特に混雑する夜間に速度制限がかけられますが
日中は実質無制限でネットが利用できるようになります。

 

ハイスピードプラスエリアモード月間7GBの通信制限について

 

WiMAX 2+で取り扱われているデータ端末

  • Speed Wi-Fi NEXT W05
  • Speed Wi-Fi HOME L01s
  • トリプルーター

いずれの端末もハイスピードプラスエリアモードを利用することができます。

 

 

W05通信制限

 

ハイスピードプラスエリアモードでは
オプションでau4GLTEも利用できるようになるんですね。

 

WiMAX 2+がエリア外の地域でも、au4GLTEで接続すると
ネットが使える地域が広く対応できるわけです。

 

ただし、WiMAX 2+とau4GLTEの合計通信料が

 

月に7GBの通信量を超えると
当月末まで速度が128kbpsに制限されます

 

128kbpsですのでこの通信制限は厳しいですよ。

 

さらに、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
ハイスピードモードのWiMAX 2+に切り替えて接続しても

 

速度が128kbpsに制限されますから要注意です!

 

つまり、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
すべてのモードで速度が制限されると把握しておいてください。

 

また、ハイスピードプラスエリアモードは利用した月に限り
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

 

使わない月はかかりませんが、利用月は通信量の多少にかかわらず
かかってくる料金となりますのでここも覚えておいてください。

 

 

WiMAX速度制限

 

 

以上がWiMAX 2+の通信制限概要ですね。

 

3日で10GBの通信量超過の通信制限と
ハイスピードプラスエリアモード月間7GBの通信制限が

 

対象になりますので、通信量を確認しながら
制限につかまらないよう上手にインターネットを利用しましょう。

 

 

 

page top